43年前のテニス性性大戦のマイルストーンの意味を振り返る-tencent upd

43年前にテニス性別大戦のマイルストーンの意味を変えて歴史を変えた「要約」は、前に終わったばかりの名物公開試合において、オリジナルが女子女子の決勝戦で優勝し、ドイツ人は初の優勝カップを獲得しただけでなく、世界第一の称号を獲得した。その時、張健さん、ジェーン・ω;金さんはスタンドでこのすべてを目撃した。美网コッペル2 – 1で普ドールの「第2基のグランドスラム(このビデオと原文の内容とは関係なく、ご拡張読書)が先ごろ終わったばかりの美网オープンで女子シングルス決勝で、コッペルに勝ち、ドイツ人美网女子シングルス優勝トロフィーを手にしただけでなく、しかもも世界一の称号を得た。当時、ビリー·;簡· ;金さんはスタンドで見届けたこのすべて、美网の大会開催地は彼女の名を冠した――ビリー·;簡· ;金国のテニスセンター。まさにビリー·;簡· ;金さんは43年前、1度の性別大戦中に勝った波比·;里格斯を長年の努力があったからこそ女子テニスの今日。43年前の性別大戦は1973年の9月20日に発生した。この大戦の主人公の一つは大スラムの優勝者だったが、彼は女性を軽んじていた。しかも、その当時の女子のネット上のリーダーを破ってもいい。幸運なのは、松の木・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。当時のこの試合でヒューストンプラネタリウム球場において行われ、30492人の観客が現場で、全世界共有いち億観衆をテレビ視聴した試合を最終的には、髪に勝ったHujinの戦術里格斯、三枚のスコアを6 – 4、6-3、6-3。試合の最後の時には、ライバルが頭を張った時のバックハンド・アウトボールが声を出してネットに乗った後、熱が興奮してラケットを空中に投げました。もし私がその試合を優勝しなかったら、女子テニス運動の発展は50年になると思います。女子テニスツアー、そしてすべての女性の尊厳に影響する。」「彼女は本当によかった」とインタビューを受けた。」里格斯とHujin最終的に友達になった。1995年。40年以上経って、この試合は男女平等運動の発展の歴史の上でずっとマイルストーン式の意味を維持しています。

回顾43年前网球性别大战 里程碑意义改变历史 [摘要]在前不久刚结束的美网公开赛上,科贝尔在女单决赛中胜出,德国人不仅捧起了美网女单冠军奖杯,而且也夺得了世界第一的称号。当时,比利·简·金女士就在看台上见证了这一切。 美网科贝尔2-1险胜普娃 勇夺第二座大满贯 (此视频与原文内容无关,仅供延伸阅读)在前不久刚结束的美网公开赛上,科贝尔在女单决赛中胜出,德国人不仅捧起了美网女单冠军奖杯,而且也夺得了世界第一的称号。当时,比利·简·金女士就在看台上见证了这一切,美网的赛事举办地便是以她的名字命名的——比利·简·金国家网球中心。也正是比利·简·金女士在43年前,在一场性别大战中战胜了波比·里格斯,并通过这么多年不懈的努力才有了女子网球的今天。43年前的那场性别大战发生在1973年的9月20日,这场大战的主人公之一里格斯是一位大满贯冠军得主,但他却很轻视女性,而且声称他可以击败任何一位当时女子网坛的领军人物。幸运的是,比利·简·金最后击败了里格斯。当年的这场比赛在休斯顿天文馆球场进行,有30492名观众涌入了现场,全世界共有超过1亿观众通过电视收看了比赛——最终,金夫人的发上战术战胜了里格斯,三盘比分为6-4, 6-3, 6-3。在比赛的最后时刻,当里格斯在对手赛点时的一个反手截击球应声落网之后,金夫人兴奋地把球拍抛向了空中。“如果我没有赢得那场比赛,我想女子网球运动的发展会倒退50年。这会毁了女子网球巡回赛,并且影响所有女性的尊严。”里格斯在赛后接受采访时表示:“她打得实在是太好了。”里格斯和金夫人最终成为了朋友。1995年,里格斯病逝。40多年过去了,这场比赛在男女平等运动发展历史上一直保持着里程碑式的意义。相关的主题文章: